CATS EYETOP » ARTIST » CATS EYE

CATS EYE

CATS EYE

  • Lenju(Dr&Cho)
  • Ryo(Vo&Ba)
  • Yuu(Gt&Cho)
  • Kenshiro(Gt&Cho)
キョウダイゲンカ

キョウダイゲンカ

2018.2.7 RELEASE
FECD-0159
1800yen


単独音源は3年ぶりとなるCATS EYEの最新作が遂に出来上がり、2018年2月7日に発売されることが発表された。2017年はYUUが多忙を極める中で、作曲、レコーディングと意欲的に創作活動を行っていた4人。今作もまたレコーディングエンジニアにはKAMADA氏(KiLLKiLLS)を起用し最高の仕上がりとなった。「キヨウダイゲンカ」のタイトル通り、実の兄弟であるRyoとYUUが交互に作詞作曲、メインボーカルを取った新しいCATS EYEのスタイル確立。
これまでのCATS EYEらしいRyoとKENのツインボーカルで颯爽とサビを歌い上げる楽曲や、過去のDEMO音源に収録されたYUU作曲の”summer gloom”を再編曲し本人自ら歌い上げるなど新しい試みもふんだんに盛り込まれた。またそれを繋ぎ合わせるLenjuのコーラスとドラムワークで全員のポテンシャルをワンランク引き上げた。
CATS EYEの醍醐味でもある歌詞についても前作以上に赤裸々に心の内側を唄うとても興味深い内容となっている。
リリース後から始まるツアーではこの新しいCATS EYEの作品を持ってまた全国各地を仲間たちと廻る予定。この一つ上に上がったやつらをぜひライブハウスで体感してほしい。

MAKE XX

MAKE XX

2016.1.27 RELEASE
FECD-0151
1200yen


東京を活動拠点におくCATS EYEと盟友GoodMorningMomとのスプリットアルバムがついに完成。リスペクトし合う日本語詞メロディックコアサウンド同志が二枚刃となり、繊細でパラレルな世界観は聴く人の心の奥にまで届く。

Your owner is CATS

Your owner is CATS

2015.06.24 RELEASE
FECD-0148
1500yen


今作品のもまた、Ryo の世界観と実の弟であるYuuの世界観が混ざり合い一筋縄ではないのにストレートに仕上がるCATS EYE 節が超ゴキゲン。

My owner is CATS

My owner is CATS

2014.08.12 RELEASE
FECD-0145
1000yen


気持ちのままにストレートに疾走するメロディと、等身大のキッズ目線で楽しめるライブパーティチューン!!
最高な状態のCATSEYEの「今」を詰め込んだ傑作!!
全6曲入りの今回のミニアルバムは完全にメンバーの手作り作品!これが本当のインディーズだ!!!



2002年宮崎県日南市にて結成。その後2004年に東京へ上京。当初はベースのRyo、ギターのKenshiro、ドラムのTAKU→PUNKERのスリーピーススタイルで活動していたが、2011年にRyoの実の弟であるYuuがギターで加入し4人編成の形となった。

2012年末に10年共にしたドラムのTAKU→PUNKERが脱退する事になり新しく長崎から上京したてだったLenjuが2013年に加入して現在のメンバーとなる。

自主制作のデモ音源のリリースとオムニバス等への参加はあったもののレーベルに所属する事はなく地道な活動を続けていた。

2013年にDUSTBOX RECORDSよりリリースされたV/A JUNK3とSHACHILDRENではMINAMI NINE、おい、そこの道あけろ等と共に首謀者として大きく貢献してくれた。そんなきっかけもあり、2014年にDUSTBOX RECORDSより初の全国店頭流通の音源リリースをする事になった。

青春パンクと言われた時代のど真ん中を通ったRyoとKenshiro、クラブシーンなど幅広い視野で音楽を楽しんできたYuu、長崎のバンドシーンで揉まれ、覚悟だけで上京してきたLenjuとルーツはひとつではないからこそ心地よいMIXが楽しめるバンドサウンド。



Follow us here-リンク
  • myspace
  • youtube
  • facebook
  • takepunks


  1. TOP PAGE
  2. ARTIST
  3. RELEASE
  4. CONCEPT
  5. LINK
  6. CONTACT