マッスルドッキングTOP » ARTIST » マッスルドッキング

マッスルドッキング

マッスルドッキング

  • MUCHING(Vo)
  • TESSY(Vo)
  • DEN(Tp)
  • ARI(Sax)
  • (Gt)
  • KENTA(Ba)
  • たつと(Dr)
ON THE ROAD

ON THE ROAD

2007.11.22 RELEASE
FECD-0089
1200yen


自身久しぶりのリリースとなる作品。幾度のメンバーチェンジを経て、まさに今この場所に立っているマッスルドッキングの揺るがないサウンドスタイル。

BORN TO BE...

BORN TO BE...

2004.7.7 RELEASE
FECD-0038
1500yen


リアルパンクのマッスルが放つ第二作目。パワーには磨きがかかり、そしてクォリティも増したこのサウンドが新しい世代のパンクサウンドになるであろう。まさにツインヴォーカルが活きた1枚。

SEVEN SOUL PUNX

SEVEN SOUL PUNX

2003.8.9 RELEASE
FECD-0015
1800yen


加古川の雄、マッスルドッキング待望のファーストアルバム。とにかくパンクテイスト満載で、まさにライブ感がそのまま味わえる CDです。おとこぎあふれるパンクスピリッツをぜひ体感して欲しい!


1999年兵庫県加古川市を中心に活動していたパンクロックバンド『ROTTON』と『盗賊団』のメンバーが合体。マッスルドッキングとして活動を始める 。

出会い自体はかなり古く、SHACHIで加古川にツアーで行き始めたのが2000年くらいだからそれくらいに知り合ったバンド。
当時SMASH RAIDとツートップで加古川・神戸のシーンを盛り上げていた張本人。その後SMASH RAIDが拠点を明石?神戸と移すも地元加古川のシーンをずっと盛り上げ続けている兄貴的存在なバンドだ。

ホーン+パンクのスタイルで2MCという当時は異色なスタイルではあったものの名前の通り見事にドッキングしているサウンドは一度ライブを見れば納得できる。

加古川という土地柄ツアーバンドとの交流も深く、FULLMONTYをはじめ九州や四国のバンドとのつながりも深い。

2001年4月には「V/A JUNK」にも参加。2002年には一足先にデビューを果たした盟友SMASH RAIDのリードでスプリットアルバム「SOUND SYSTEM RIOT」を魂レーベルよりリリース。

2003年8月にいよいよ満を持してDUSTBOX RECORDSより全国流通となるファーストアルバム「SEVEN SOUL PUNX」をリリース。
北は北海道、南は沖縄までのツアーを行うも、1台のハイエースに7人の人間が乗り込み長時間移動するツアーは過酷を極めた。

2004年7月にはミニアルバム『BORN TO BE...』をリリース。その後メンバーチェンジなども重なるが、2007年には3年ぶりになるミニ・アルバム『ON THE ROAD』を発表。
2009年には結成10周年を記念してシングル『SWEET 10 MUSCLE』をライブ会場限定発売。

現在もなお加古川をベースに活動を展開中。



Follow us here-リンク
  • myspace
  • youtube
  • facebook
  • takepunks


  1. TOP PAGE
  2. ARTIST
  3. RELEASE
  4. CONCEPT
  5. LINK
  6. CONTACT